イメージを上げる

企業活動は利益を最優先にしなければなりません。利益を得なければ在籍している社員を養えず、会社のサービス内容も向上しないからです。上質のサービスを展開するためには投資が必要であり、優秀な人材を見つけるためにも利益は重要だと言えます。 しかし利益ばかりに目を奪われた活動を継続すると、一般消費者が嫌悪感を抱く恐れもあるのです。お金に汚い人間は敬遠されるものですが、それは企業についても同様だと言えます。つまり利益と好印象の両方を獲得する必要があるのです。 イメージアップ戦略を軽視した企業は、地球環境への配慮が欠けると非難されます。昨今の消費者は噂には敏感です。悪評は業績の向上に働かないばかりか、向かい風になる可能性もあります。

イメージアップ戦略で有効と言われているのがISO14001の取得です。ISO14001は国際的に認められている規格であり、取得に成功すると環境配慮をした活動であると評価されます。自画自賛する会社よりも第三者による認定の方が、イメージアップに貢献する事は言うまでもありません。 現代社会では複数のISO規格が登場しています。その中でもISO14001は特に人気を誇る規格です。規模に関わらず多くの企業がISO14001を手に入れています。ISO14001を前面に出して経営活動を続ける事は、利益だけに目を奪われていないというアピールになります。将来的に大半の企業がISO14001を掲げるようになる可能性も十分にあるのです。