出来る事からする

ISO14001という規格があります。目的としているのは環境への配慮をした上で、経営活動をしている企業を明確にする事です。地球環境の悪化によって人類の持つ資源は、限りがある事を意識させられるようになりました。地球資源を圧迫するのは個人よりも集団です。そして利益を得るために活動する企業は、特に地球環境に優しくない存在だと言えます。 それ故にISO14001の規格を取得したいと考える会社が増加しているのです。ISO14001は審査を突破しなければ得る事ができません。紙の使用量を削減する仕組みや、インクの消耗を抑える事も効果があります。日頃から環境改善を意識する事が、ISO14001の近道だと言われており、多くの企業が意識して活動しているのです。

逆にISO14001を意識していない企業活動は、環境に対する配慮が欠けると評価されがちです。企業は利益を得る事で大きく成長する事ができます。それ故に利益を最優先する余りに、環境への配慮が後回しにされる事は少なくありません。それは地球環境を大きく損なう結果になります。 そして地球環境の悪化が囁かれている時、自社の業績しか注視していない会社は白い目で見られてしまうのです。現代の商戦は単に優れた商品を開発すれば、勝利を手にする事ができるわけではありません。他の存在に対して一定以上の礼を尽くす姿勢を、現代の一般消費者は求める傾向があります。だからISO14001の取得が遅れている企業は、イメージアップ戦略という観点から見ると、大きく遅れを取っているのです。